ようこそ、社会福祉法人 太陽福祉会のページへ

法人沿革

年月できごと
昭和52年4月・国立療養所和歌山病院旧看護師宿舎の一室を借り、太陽共同作業所を開設
昭和54年11月・和歌山県障害者小規模通所授産事業補助金を受ける
昭和55年3月・後援会組織「太陽共同作業所を育てる会」発足
昭和56年6月・御坊市、美浜町により、和歌山病院敷地内の一部を借用し、プレハブ作業所(80.85㎡)を建設
昭和58年9月・「太陽作業所法人化推進委員会」発足
昭和58年9月・御坊市、美浜町、由良町議会に対し、法人化に伴う用地の確保及び施設建築に伴う財政援助を請願
昭和59年8月・国立療養所和歌山病院敷地1,000㎡の使用許可を得る
昭和59年9月・社会福祉法人「太陽福祉会」設立発起人会を結成、法人設立認可申請及び補助金交付要望を提出
昭和60年6月・厚生省より「社会福祉法人」設立許可
昭和61年4月太陽作業所完成、法人施設発足(定員30名)
・措置委託費制度、経理規程準則による会計処理実施
昭和63年7月・「太陽おもちゃの図書館」を開設
平成 3年10月・平成3年度日本自転車振興会公益補助金、1市5町補助金、後援会寄付金を受け、木工作業場及び倉庫完成
平成 3年11月・1日付けで木工作業場増築により定員40名となる
平成 4年4月・平成4年度県制度グループホーム 「太陽ホーム」開設。後(平成5年度)に国制度となる
平成 5年11月・御坊市商店街に「太陽福祉の店」開設
平成 7年4月・川辺町から土地の無償貸与(1,000㎡)を受け、太陽川辺分場(定員15名)を開設
平成11年4月・「太陽川辺分場」を独立施設として「太陽川辺作業所」発足(定員20名)
平成11年10月・知的障害者地域生活援助事業(グループホーム) 「すみれホーム」開設
平成12年4月・和歌山県障害者介護等支援サービス(ケアマネジメント)体制整備推進事業(知的障害者)を受託
平成12年10月・知的障害者地域生活援助事業(グループホーム) 「ひまわりホーム」開設
・ケアマネジメントモデル事業推進のため、「ひまわりホーム」内に「日高・御坊地域障害者生活支援センターあおぞら」を開設
平成13年4月・和歌山県障害者介護等支援サービス(ケアマネジメント)体制整備推進事業(知的障害者、身体障害者)を受託
平成13年10月・知的障害者生活支援事業の受託
平成14年1月・職場適応援助者による支援事業(ジョブコーチ支援事業)の実施
平成14年4月・和歌山県障害者介護等支援サービス(ケアマネジメント)体制整備推進事業(3障害)を受託
平成14年7月・身体障害者介護等事業の開始
・知的障害者介護等事業の開始
・精神障害者介護等事業の開始
平成14年12月・児童居宅介護等事業の開始
・老人居宅介護等事業の開始
・知的障害者地域生活援助事業(グループホーム) 「ロッキーホーム」開設
平成15年3月・法人による支援費制度説明会開催
平成15年4月・支援費制度スタート
・授産施設会計基準の適用開始、新経理規程による会計処理開始(法人独自)
・市町村障害者生活支援事業を御坊市から受託
・「あおぞら」の事務所をひまわりホームから現在地に移転「御坊・日高地域障害者生活支援センターあおぞら」に改称
平成15年7月・精神障害者小規模通所授産施設「ワークステーションひだか」開設
平成15年9月・居宅介護等支援事業等の専門業務事務所として御坊市内に「ヘルパーステーションあおぞら」開設
・障害児デイサービス事業「通園みらい」を御坊市熊野に開設
平成15年12月・知的障害者地域生活援助事業(グループホーム) 「やすらぎホーム」開設
平成16年10月・精神障害者地域生活援助事業(グループホーム) 「ふれあいホーム」開設
平成17年4月・障害児デイサービス事業(就学期)「通園みらいⅡ」を御坊市薗に開設
平成17年7月・知的障害者授産施設(通所)「パン工房サンフルひだか」(定員20名)を日高町小中に開設
・御坊市「さざなみ会館」管理業務を御坊市から受託
・障害児デイサービス事業(就学前)「通園みらい」をさざなみ会館に移転
平成18年1月・障害児デイサービス事業(就学期)「通園みらいⅡ」を県環境センター内(御坊市薗)に移転
平成18年4月・紀中・就業生活支援センターわーくねっとを御坊市湯川町に開設
・タイムケア事業「どれみ」を御坊市薗に開設
平成18年10月・第一生命保険相互会社 第58回保健文化賞受賞
・「太陽福祉の店」を小規模作業所としては廃止し、法人独自運営に移行
・「ワークステーションひだか」を障害福祉サービス事業所(就労移行、継続B型)に移行
・「どれみ」を日中一時支援事業に移行(1市5町受託)
・「御坊・日高地域活動支援センター」をワークステーションひだか(御坊市湯川町)に併設
・「通園みらい」「通園みらいⅡ」を障害福祉サービス事業所(児童デイサービス)に移行
・6つのグループホームを「太陽ホーム」に統合し、障害福祉サービス事業所(グループホーム、ケアホーム)に移行
・「ヘルパーステーションあおぞら」にて移動支援事業を受託(1市5町)
平成20年6月・「ワークステーションひだか」を日高町荊木(中紀地域職業訓練センター内)に移転
・「ヘルパーステーションあおぞら」を御坊市薗に移転
平成20年7月・「御坊・日高地域障害者生活支援センターあおぞら」を御坊・日高障害者総合相談センターに移転
・「御坊・日高地域活動支援センター」を御坊・日高障害者総合相談センター内に移転
平成20年9月・「太陽ホーム(グループホーム、ケアホーム)」に「すずらんホーム」を増設
平成21年4月・児童デイサービス「通園みらいⅡ」と日中一時支援事業「どれみ」を美浜町吉原(旧松原保育所)に移転
平成23年3月太陽作業所増改築工事完了(平成22年度障害者自立支援基盤整備事業)
平成23年4月・ケアホームなごみを御坊市島に新築・開所(太陽ホーム全体で8ホームとなる)
・「オアシス」(短期入所事業)を御坊市島ケアホームなごみ内に開所
・「太陽作業所」「太陽川辺作業所」「パン工房サンフルひだか」を障害福祉サービス事業所に移行
平成23年5月・24時間安心コールセンター「こころ」を法人事務局内(御坊市湯川町)に開設
平成23年10月・「地域移行のための安心生活支援事業」を1市4町より受託
平成23年11月・太陽ホーム(さくらホーム)を御坊市島に増設
平成24年1月太陽川辺作業所増改築工事完了(平成23年度障害者自立支援基盤整備事業)
平成24年3月パン工房サンフルひだか倉庫改修増築工事完了
平成24年4月パン工房サンフルひだか内に菓子工房「プランソレイユ」を立ち上げ、焼き菓子販売を開始
平成24年4月・「通園みらい」が障害児通所支援事業(児童発達支援センター)として指定
・「御坊・日高地域障害者生活支援センターあおぞら」が一般相談・特定相談・障害児相談支援事業所となる
・「24時間あんしんコールセンター」を御坊・日高障害者総合相談センター内に設置(1市4町より和歌山県福祉事業団と共同受託)
・「御坊・日高地域活動支援センター」が一般相談支援事業を開始
平成24年6月・「御坊・日高地域活動支援センター」が特定相談支援事業を開始
平成25年4月・「通園みらいⅡ」が障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)指定〈平成24年度みなし指定〉
平成25年8月・太陽ホーム(やすらぎホーム)を御坊市島に移転
平成27年3月・太陽ホーム(太陽・小池ホーム)を日高町小池に開設(太陽ホーム定員44名となる)
平成27年4月・「通園みらい」(児童発達支援センター)で保育所等訪問支援事業開設(多機能型事業所)
・「相談支援事業所みらい」をさざなみ会館内に開設
平成27年8月太陽作業所生活介護事業の定員を35名に変更(多機能型事業所 太陽作業所定員45名となる)
平成27年9月・太陽ホーム定員を45名に変更(すずらんホーム定員を5名に増員)
平成28年4月・「通園みらい」(児童発達支援センター)の定員15名、「通園みらいⅡ」(放課後等デイサービス)の定員を15名に変更
・「すみれホーム」を御坊市吉田地内に移転
平成28年6月・太陽ホーム定員を46名に変更(すずらんホーム定員を6名に増員)
平成28年10月・太陽ホーム定員を47名に変更(すずらんホーム定員を7名に増員)
平成29年7月・「通園みらい」(児童発達支援センター)の定員を20名に変更
平成29年8月・短期入所事業所「オアシス」の定員を4名に変更
平成29年11月・放課後等デイサービス「通園あこう」(定員10名)を日高郡日高町高家に新規開設 ・放課後等デイサービス「通園みらいⅡ」の定員を10名に変更
平成30年3月・「ひまわりホーム」を御坊市湯川町財部地内へ移転(定員6名に増員)・太陽ホーム定員を48名に変更
平成30年3月・社会福祉法人太陽福祉会 創立40周年記念式典開催
平成30年6月・「御坊・日高地域活動支援センター」が障害児相談支援事業所を開設 
・「相談支援事業所みらい」6月末で事業所を廃止

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional